Map1のtrainでは序の口から一方的レクレーションが展開し、NaViが終始率先。GuardiaNの有はやはりだが、ライフル達の開きに大きな差がありラクラク構成できていた理解が著しい。EchoFoxも随時ラウンドを引き戻すも大きなハイライトはなく16-6でNaViが勝利した。

Map2のDust2では立て直したEchoFoxが一転し優勢に。当初を12-3の大差で折り返され、たまらずNaViは双方AWPで対抗する。
これがはまりEchoFoxに2ラウンドしか譲らずにキツイ追い上げを見せ、13-11と2ラウンド開きまで集めるがEchoFoxが起死回生のピストルラッシュにサクセス。
軍機と十分な元本を得たEchoFoxがはじめて建て直すことに成功し、そのまま3ラウンドを連取。16-11で占拠し、1-1でドローという形でレクレーションを消えることができた。

NaViにとっては手痛いドローになってしまったが、map2の当初でのEchoFoxの動きはファインプレイの連発で、ある程度は仕方ないだろう。
初戦でのドロースタートという事で、こういうユニットは波乱の予感がするオープンとなった。