Month: 10月 2016

麻布に起こる氷川神社に伺うハズが、違うパーソンの氷川神社に行ってしまいました。

都内に行ったので、麻布に生じる氷川神社に行ってみようと思いました。スマフォでGoogleの地図を広げて歩いていたのですが、何かが間違ったらしく、都内ミッドタウンに辿り着きました。コース音痴の私でも、麻布部門と都内ミッドタウンの設定は明らかに違う向きにあることが分かったので、サーチ収支をよく見てみることにしました。すると、赤坂の氷川神社を目的地に設定していました。今からまた歩いてきたメニューを立ち返るよりも、赤坂の氷川神社に行った方が近かったので、赤坂の氷川神社に伺うことにしました。狭いメニューを通りながら、歩いていると目の前に氷川神社が現れました。中に入ると、緑がきつく、ここが都内であることすら分からなくなるほどでした。詣でをして、御朱印をもらいました。間違って赤坂の氷川神社に来てしまいましたが、良い神社に出会えたので、これでも良かったのかなと思いました。いくぶん歩いて疲れたので、日光を又もや麻布にある氷川神社へ行くことにすることを決めました。

家の人が稲刈りで、いろいろとやることが出来ない私

最近の私はいろいろとやらなければいけない事がいろいろとあって、何から手をつけたらいいのか考えています。うちにはまだ幼い赤ちゃんの育児でも大変なのに、家では稲刈りの真っ最中だからです。だから、家の人は何だか忙しそうなので、私も何だか家の人に何か頼もうと思っても気が引けます。本当は私も、いろいろとやらなければいけない事があるんですけどね。髪の毛も少しずつ長くなって、白髪も生えたから美容院にも行きたいし、車のオイル交換にも行きたいし、いろいろです。
私の場合は赤ちゃんを預けてじゃないと、行けないので、家の人が落ち着くまで待っている状態です。もう少ししたら行けるかもしれないので、しばらくは辛抱です。
稲刈りだから仕方ないです。今の季節は。だけど、やっぱり私自身は大変です。何処に行くにも赤ちゃん連れだからです。赤ちゃん連れだと買い物も、やっぱり疲れるからです。いくらカートがあっても、外出先でのおむつがえなんかもあるからです。
でも、まぁ頑張ります。後、もう少しです。ミュゼ カウンセリング 親同伴

さやえんどうしてとグリーンピースの違いがわからない。

 私の家の近くに住むおばあちゃんが、「畑にさやえんどうしてが実ってきたから受けとりに来院」と言われたので天候の良い午前中に行ってきました。さて畑にたどり着くとおばあちゃんの容姿がありません。いつも、「受けとりに来院」というコメントを記しどっかへ行ってしまうので、勝手に成果していくのですが、今回は困りました。なぜなら、プチが何分類も植えてあって、どれがさやえん何とかわからないのです。
 プチが植えて残るエリアは3先あります。先日、「今年はグリーンピースも植えた」と言っていたので、いずれかはグリーンピースで成果してはいけません。どれもぱっと見はおんなじプチですがじっくり見てみると、さやが膨らんでいるのがありました。断じてこれがグリーンピースですな!と思い、さやえんどうしてと当てはまる先で成果をしました。思い切り考えたらおばあちゃんが帰るまで待てばよかったんですがね。
 成果し終えたところでおばあちゃんが帰ってきました。わたしが収穫したさやえんどうしてをあげると「さやえんどうして色々とれたな」と言われて回答だと分かり安堵しました。おみそ汁とたまたびじを始める日取りだ!http://www.ketto.co/

カンデミーナグミを探したけれど見つからなかった…

一度タンク窓口を着て特徴を味わってしまったがやめ、とっくに袖があると重たく思うようになってしまいました。でもちらほら寒く受けとるときもあるんですよね…。
それより、とっくに全国で刀剣乱舞コラボレートのカンデミーナグミが販売されているとの説を得たので今日の夕刻に嬉嬉として買いにアメイジングへ出掛けました。そしてケーキ片隅へ赴き、一段とガム・グミが並べられている先へ眼をやり、それは更にあちこち見つけ出しました。しかし胡散臭いことにカンデミーナグミはどこにも見当たりません。ケーキだけに。あれ?私の眼はこれ程悪くなったのかな?と思いましたが、何とかありませんでした。品切れというわけではなく、そもそもこのお店には置いていなかったのです。
なんというか、いなかは毎度こうした想い出をする。こののが発売されると、しょっちゅう要望半諦め半なんですよね。本当に今回は別のアメイジングにはほとんどあると思いますし、なんならコンビニエンスストアに行けばもっと見つけ易いと思うのでそこまで悲観はしていませんが…。さっき、別のコラボレート小物だったのですが販売されると聞いていたのに私のいる分野では何一つ販売されていなくて悔しい思いをしたことがありました。いなか分隊ってひどいことが多いですよね。逆に、ほど近いのに行事行けない、とかもそれはそれで難しいと思いますが…。
ともかく、翌日また別のお店でカンデミーナグミを探してきます。

今年に入ってから一番嬉しい出来事がありました。

自宅の裏にある小さな神社のお祭りがありました。
夜になり沢山の屋台が出て賑わいも最高潮になってきました。小さな子供からお年寄りまで近所の人たちがみんま集まります。
お祭りの最後のお楽しみはビンゴ大会です。ビンゴした人からくじを引き豪華景品が当たります。
今年の目玉商品はお米30キロです。
友人と私は1枚200円のビンゴカードを2枚ずつ購入しました。鐘が鳴りついにビンゴ大会の始まりです。
次々に番号が発表されてビンゴした人が前に出てくじを引いて行きます。目玉商品のお米30キロはすぐに無くなってしまいましたが、まだ3等のビール1箱は残っています。
ビンゴは終盤になり景品の残りが少なくなってきました。狙いはビール1箱です。
『69番』『やったー!ビンゴ!』
急いで前に行きました。残りは5つです。まだビール1箱はあります。ビールビールと心の中で祈りくじを引きました。
『3等!ビール1箱です!』
狙っていたビール1箱ゲットしました。友人とハイタッチをして喜びました。
来年も頑張るぞ!!

私のマレーシア クアラルンプールへの言葉・勝負留学

あたいは昨年の夏場から絶えず、マレーシアの首都です、クアラルンプールに留学やる学生だ。

あたいは日本の学生でおきながら、レーシングドライバーとして世界で活躍する精鋭を志す現実を持ってあり、現在はプロジェクトの最年少乗員として活動しています。

あたいは小学校の時から、世界で競争働きをしたいとお願いを見てきたものが、ついに20年齢になった目下叶いました。

そのため、あたいが伺うキャンパス側にも協力してもらい、留学先のマレーシアでの学園とメニューを用意してもらいました。

そして、週間3お天道様の学園ライフと、週間3お天道様のサーキット進歩、週間毎日の調教を積み始めて、間もなく1ご時世が経とうとしています。

留学して直ぐの時は、いかに好きな競争働きをしていても、ノスタルジックになることも多々ありました。

しかし、約1ご時世経った今は、ちっともそんなことは思わない程、心も体も著しくなった気がします。

確かに週間毎日とは言え、調教はまったく辛いです。

あたいに当てはまる調教放送が用意されている結果、休むこともままならなく、涙を流しながらやることもあります。

しかし、サーキット進歩はさんざっぱら面白く、多少なりとも時刻が上がるとあたいはやけに嬉しくなるし、気力が更に出ます。

一方学園のメニューはずいぶん難しいです。

基本的にEnglishでのメニューで、日本語を話す時間は日本語のメニューの内だけだ。

初めはEnglishがてんで話せなて苦労しましたが、今は社会で通用するくらいの触れ込みは話せるつもりでいます。

こういう留学はあたいにとって、色々なものを与えてくれました。

胸中や体も強くなり、言葉や会員、競争コツなど、あたいはすごく成長できた1ご時世だったと思います。